HOME  >  電波障害調査

建築前の予測調査から現状の受信状況調査まで、電波障害調査はお任せ下さい。

地上波デジタル放送はデジタル伝送技術によって受信障害が発生しにくいように工夫されており、電波の受信状況が悪くなっても、ある程度の範囲であれば受信画像の劣化はありません。その限界を超えると急激に受信画質が劣化する特徴をもっています。
一般的に、地上波デジタル放送の受信障害はアナログ放送に比べて小さくなりますが、その障害範囲範囲はアナログ放送と同様に建物の形状、テレビ電波到来方向に対する建物の配置状態、周囲の状況、地形および電波の強さなどにより異なります。尚、地上波デジタル放送のテレビ受信障害は、工事の進捗状況等により受信画像が突然劣化することがあります。また、建設中は鉄骨、クレーンなどにより、思わぬところに障害を及ぼすことがありますので、注意が必要です。
当社では、このように電波障害が起きているであろう地域、またはこれから起こると予測される地域などの電波障害調査を行います。

様々な状況において電波障害調査お引き受けいたします。

  • 建築前の事前調査(予測調査)
  • 建築後の事後調査
  • 現状の周辺地域の電波状況調査

各チャンネルの受信レベルの測定や、測定用車両での各地点での電波測定など、専門の技術と知識でもって電波障害調査を行います。調査完了後は、詳細な調査報告書を提出いたします。
マンションなどの管理組合様、建設会社様、管理会社様、お気軽にご相談下さい。

地デジアンテナ工事 テレビアンテナ工事専門 株式会社武蔵野アンテナ
〒183-0052 東京都府中市新町3-9-16
TEL:042-361-7366
受付時間:9:00〜18:00 休日:土曜・日曜・祝日